FC2ブログ

聞こえてる?!

入院中の話。
となりのベッドに75歳くらいのじーさんがやってきた。
付き添いは奥さん、息子夫婦(私と同年代。)そして20歳位の孫娘。
しかし、この世代のばーちゃんはなぜ旦那の入院とかになるとやたらと張り切るのだろう。心配なのは分かるが、この場(病室)にきて、予定を替えるものだからみんな困っておる。
当のじーさんは、唯一見える目を今回手術、ということで、眼帯で塞がれている。当然食事もままならない、看護師さんがやってくれるので、家族は帰ってもいいのだが、ばーさんにはそれが面白くないらしい。絶対食事を食べさせてから帰ります、と息子夫婦に宣言。このときの息子の嫁さんの顔ときたら、一瞬キレそうになっていた。しかしこの夜は夕食の世話をすることにしたらしい。
そして午後6時、夕食だ、ばーさん張り切る張り切る、次何食べる、その次は、と矢継ぎ早にじーさんを責め立てる。きっと何事もキチンとしなけりゃ気のすまないタイプと見え、まあ忙しない。じーさんチョット辟易している、しまいには口をあかなくなった。そして元々耳が遠いのを幸いに聞こえないふり、とうとうばーさん怒り出す。そして食事終了。そこへ息子の嫁さんが、帰るよと迎えに着た。ばーさん、どーも納得できない風で、明日の朝ごはんはどうしようかね、やはり今夜泊まってまたこようかね、と言い出す。
さすがにこれには息子の嫁もキレた、あすの朝は孫がみるって決めたでしょ。さあ帰りますよ、ととりつく島をあたえない。
ばーさん渋々ご帰還。
次の朝、孫娘が世話をしに7時頃やってきた、じーさんの態度が全然違う。
これ食べる?お豆腐だよ、うん。何だ聞こえてるんじゃないか。ばーさんの時とは全然態度がちがう。
やるな、じーさん。あんなにポンポンやられたら疲れるよな、とは思ったのだが、同時にばーさんにしたら、夫婦2人で世話をする機会があとどれくらい残っているのだろう、それを肌で感じているからこそ、ばーさんが張り切るのだても思った。
じーさん気持ちは解るけど、これからも仲良くね。
 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jun580114

Author:jun580114
散歩が趣味な、秋田県在住のおやじです。ゆるゆると更新していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

jun580114

Author:jun580114
散歩が趣味な、秋田県在住のおやじです。ゆるゆると更新していきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR