FC2ブログ

手術その4

点滴を着けられ、車椅子に乗せられベテランの看護士さんと手術室へ。「こわいなー」とつぶやくと「大丈夫、もし痛かったら遠慮なく言って、そうすれば先生が対処してくれますよ。」とのこと。そして手術室のドアが開く。手術台に乗せられ、心電図、血圧等の計測機器が付けられる。一応これからの手順の説明、そんなこと聞く余裕なし。点眼麻酔を受け、顔に布がかぶせられ手術する左目だけが出される。先生がまぶたを固定、いよいよ手術の始まり。多分、注射の麻酔もおこなったのだろう。「これより何々の再建術および何々を行います。」と小林DRの声。メスが入る。「最初にベルトを装着します。」これが痛いらしい。「痛かったら言ってください。」と言われたので速攻「痛い」ということで麻酔追加。今まで経験したことの無い痛みだ。激痛というのではないが、筋肉を引っ張られる、もちろん普段そんな筋肉を引っ張られることはない。再開してまた「痛い」というと「ここはチョット我慢」とおっしゃる。やはり甘いものではない。一番嫌なやつの顔を思いジット我慢。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jun580114

Author:jun580114
散歩が趣味な、秋田県在住のおやじです。ゆるゆると更新していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

jun580114

Author:jun580114
散歩が趣味な、秋田県在住のおやじです。ゆるゆると更新していきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR