FC2ブログ

天空の不夜城

秋田県能代市には古くから続く、伝統的な夏の七夕行事があります。

太鼓、笛、田楽と呼ばれる長方形の灯籠を子供達が頭に乗せ、巨大な鯱を冠した城郭型の灯籠を引き回し、まち中を練り歩きます。

文献によると、灯籠の形は天保時代(1830年~1844年)に、名古屋城を模した城郭型が作られ、これが好評で城郭型灯籠の大型化が進み、 高さ五丈八尺(17.6m)幅三間四方(5.4m)もある灯籠を夜明けまで引廻したとあります。

明治時代に撮影された銀板写真に、当時の巨大な灯籠の姿が残されています。

しかし、電気の普及により、電線が街中に張り巡らされ、その高さは制限され約7~8mの形になり、現在の電線を潜って通過する際に鯱が倒れるという迫力ある仕掛になりました。




そして平成24年、能代市101号線の電線の地中化が完了したことにより、五丈八尺の大きさの灯籠を運行できる環境が整ったのを機に、大型の灯籠を復活させようという試みがなされました。

能代の活力が低下してきた今だからこそ、大型灯籠を復活させ、私たちのまち能代を元気にしたい。
能代に誇りを取り戻したい。
私たちはその一心で、1世紀の時を超えて大型七夕を復活させました。

平成25年、初の能代七夕「天空の不夜城」を運行することができました。五丈八尺(17.6m)の大型灯籠が1世紀ぶりに能代のまちにそびえ立ちました。
その翌年、平成26年には城郭型灯籠では日本一の高さを誇る24.1mの「愛季ちかすえ」を加え、能代のまちを練り歩きました。(公式ホームページより)
8月4日1
ということで昨夜、行ってきました。

8月4日2
とにかく大きいし、綺麗の一言です。

8月4日3

8月4日4
お囃子もだんだんとヒートアップしていきます。

東北の夏祭りのお囃子はどこもどこか哀愁を帯びています。

ここのお囃子も短い夏を惜しむようにどこか物悲しい音色です。

8月4日5

8月4日6

8月4日7
とても素敵なお祭りでした。

semboku88_31_green_1.gif


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

東北の夏祭りは勇壮で華やかだけど、
どこか艶っぽさや哀愁みたいなものを感じてましたが、
短い夏に対する「惜しむ」気持ちがあってのことなんですね。

No title

aqui屋さん、
私は勝手にそう解釈しております。
プロフィール

jun580114

Author:jun580114
散歩が趣味な、秋田県在住のおやじです。ゆるゆると更新していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

jun580114

Author:jun580114
散歩が趣味な、秋田県在住のおやじです。ゆるゆると更新していきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR