FC2ブログ

観光客になって その2

蕎麦屋を目指して(ビールを目指して)
紺屋町から若園町へ



上の橋の下ではアユ釣りが



この日紺屋町では骨董市が開かれていました。



この酒屋さんいつもいいなと思っていましたが、この日は店頭に古布屋さんが開店中



昭和でしょう



ピーカンではないものの暑い。早くエネルギーを充填せねば。
続きます。



スポンサーサイト



観光客になって その1

仕事で週の内3日は盛岡へ行く。
しかし、昨日は休日。電車に乗って(角館to盛岡、田沢湖線・秋田新幹線)観光客になってみた。(決して昼間っからお酒を飲みたいためではありません)

盛岡駅に着き、市内循環バス「でんでんむし」に乗る。このバス、100円で利用可能。啄木新婚の家入り口で下車。大好きな本町通りを歩く。



古いものと新しいものが同居する盛岡でも、この通りは昭和感の多い町。



いつも車で通過するが歩いてみるとまた別の顔が見える。



しかし、閉店の紙を貼ったウインドウや空き家も点在する。



なんか心安らぐのは私が年を食ったからか?



丸ゴ系のロゴがいいね。



通り抜けてみたいな。

本町から上の橋を渡り紺屋町へ。蕎麦屋でビールでも補給するか。(決してこれが目的で電車で来たわけではありません。)

続く。



動くしかないかな?

黙っていても心が動かないなら、無理やり動かそうと思い
とにかく、カメラを持ってみました。

どうせ撮るならと増田へお出かけしてみました。



伝統的建造物群保存地域に指定されてから初めての訪問です。









やはり、指定の効果かはたまたちょっと前、JR東のCMで吉永小百合さんが紹介したためか、洗練されてきました。







ひねくれもんゆえ有名な蔵の写真はほぼ撮っていない。
それじゃダメでしょ、ということで1点
日の丸酒造の内蔵はこれ↓。



漆塗りの床や柱、すごいね。

ここで、ひねくれものの独り言。
確かにすばらしい景観です、決して否定は致しません。
でも、小キレイになりすぎとおもってしまった。
また、観光客が増加するにつれ、古布や骨董、そして飲食店が増えるのは
それがニーズと分かっていても画一的で安易に映ってしまいます。

かつて通りにあったこれらの建物↓がリフォームされきれいになっていたのがさみし
い。まあ住んでない者のたわごとですが・・・。










プロフィール

jun580114

Author:jun580114
散歩が趣味な、秋田県在住のおやじです。ゆるゆると更新していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

jun580114

Author:jun580114
散歩が趣味な、秋田県在住のおやじです。ゆるゆると更新していきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR