FC2ブログ

廃墟へ

廃墟マニアです。
怖さもあるのですが、廃墟に立って荒涼とした風を感じると
何とも言えない気分になります。

そこで、先日アップしたモミジの写真を撮った際、松尾鉱山跡へ



多分ブログアップは2回目かと思います。



歴史
当地に硫黄を産する事実は古くから知られていたらしく、寛政8年(1766年)に書かれた「寄木村茶臼ヶ嶽下通、沢目筋」の硫黄の調査願いの文書があり、1879年(明治12年)にも硫黄鉱山の存在が記録されている。しかし、おそらく奥山に分け入っての採掘、輸送の困難から、開発は遅れていた。1882年(明治15年)に地元の佐々木和七が自然硫黄の大露頭を発見してから、1888年(明治21年)に小規模な試掘がなされたが、失敗した。
1911年(明治44年)に横浜の貿易会社増田屋が参画し、経営を掌握してから、多額の投資による本格的な採掘が始まった。鉱山がある標高約900メートルの元山(現在の八幡平市緑ヶ丘)から麓の屋敷台(東八幡平、現在の八幡平市柏台)まで索道を通し、1934年(昭和9年)に東八幡平駅から花輪線大更駅まで松尾鉱業鉄道を敷いた。
一時は日本の硫黄生産の30%、黄鉄鉱の15%を占め、東洋一の産出量を誇ったが、高度成長期になると硫黄の需要減や輸入の増加で採算が悪化。さらに1960年代後半、石油精製工場において脱硫装置の設置が義務付けられたことで、脱硫工程の副生成物として得られる硫黄の生産が活発化し、硫黄鉱石の需要は完全になくなっていった。生産コストの低減を図るために露天掘りへの転換も進められたが、1969年(昭和44年)に会社更生法を申請して倒産、全従業員が解雇された。黄鉄鉱に絞った新会社が設立されたが、これも1972年(昭和47年)に鉱業権を放棄して倒産し、完全な閉山になった。



標高900メートル前後の無人の山間に開かれた大鉱山は、必然的に鉱山町の形成を伴った。
鉱山地域の人口は1920年に1132人、1935年(昭和10年)に4145人、1940年(昭和15年)に8152人、最盛期の1960年(昭和35年)には1万3594人に達した。太平洋戦争中には1940年から朝鮮人労働者が投入された。
戦後は労働者の確保を図るために家族も含めた福利厚生施設の充実は急務とされた。このため公団住宅が一般化する前から、水洗トイレ・セントラルヒーティング完備の鉄筋コンクリートによる集合住宅や小・中学校、病院、活躍している芸能人を招いて公演を催す会館など、当時の日本における最先端の施設を備えた近代的な都市が形成され、「雲上の楽園」とも呼ばれた。閉山後、木造の建物は延焼実験目的で焼却され、鉄筋コンクリートの建物だけが残された。
現在はそれらの建物が山中に廃墟として残った。1990年(平成2年)に写真家の丸田祥三が廃墟化した松尾鉱山を写真集に収め、それがニュース番組のイメージショットにも使われた。  ウイキペディアより







廃墟には秋が似合います。



スポンサーサイト



雨の紅葉 田沢湖


台風が近づく雨の日曜日

田沢湖での紅葉です。

















見てます。

見てますよ。



盛岡市 鉈屋町にて



山 色づく

山色づきました。
日曜日(10月15日)の撮影です。



秋田県 玉川 宝仙湖





玉川 国道341号付近



今は通れないつり橋、昨年よりいっそう朽ちています。



玉川温泉付近
天然のスポットライトが照らしてくれました。







ここから八幡平に回りました。そして大沼の遊歩道にて熊を目撃。
結構近かったので、すぐ逃げました。 今年は熊の出没が異常に多いので
気を抜けません。


哀愁  秋

もう僕の季節は終わりです。

そんな声が聞こえそうな風景。






秋二景(角館)

武家屋敷通りにて





寒くなってきました、冬が来る、やだねー。


プロフィール

jun580114

Author:jun580114
散歩が趣味な、秋田県在住のおやじです。ゆるゆると更新していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

jun580114

Author:jun580114
散歩が趣味な、秋田県在住のおやじです。ゆるゆると更新していきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR